10.完成

このように数多くの工程を踏んで、何人もの職人さんの手を経て、着物は出来上がります。
作り手の思いはずばり、『着物を楽しんでもらうこと。』冠婚葬祭、晴れの舞台でも、普段の散歩でも。
そのときどきに合わせた着物をみなさんに楽しんで頂く為のお手伝いを私達が致します。