丸染工株式会社
丸染工トップ工場トップ > 京友禅とは

京友禅とは



京友禅は、我が国における模様染めの代名詞として使われるほど、世界的にもよく知られています。多彩で絵画調の模様をきものに染め表す友禅染めは、町人文化の栄えた江戸時代の元禄期(1688〜1704)に開花しました。この頃京都の洛東、東山・知恩院の門前町に居を構えていた扇絵師“宮崎友禅斎”の描く扇絵が人の人気を集め、井原西鶴の浮世草子『好色一代男』(貞亨3年)にもその様子をうかがうことができます。
そこで、人気絵師友禅斎(幽禅・祐禅・由禅)の描く画風をきものの意匠に取り入れ模様染めの分野に生かされたのが“友禅染め”の誕生となりました。
友禅染めは、江戸時代にさまざまな技術の集約をし、ほぼ完成したものであります。衣類の染色を施すことが始まって以来、墨または青花で構図を描くこと、糊置きをして色の堰止めを行なうこと、筆で色を挿す、刺繍を施す、金銀砂粉・箔などを施すなどの技術の完成は、みな時代が異なっているようであります。
こうした技術を集約して完成させたのが江戸時代の宮崎友禅斎であると伝えられており、今日の「京友禅」の基をなしています。


模様のデザイン、下絵、糸目置、色挿し、糊伏せ、地染め、水洗い等約20種の専門職があってすべて分業制で行われています。この中でも友禅の主体となるのが色挿しという作業です。現在では手描友禅と板染め(型)友禅の2種類の技法があります



 

手描友禅について

手描友禅は伸子張りをした布地に下絵を描き、さらに糸目糊を使って下絵の上に模様の輪郭を書いていきます。これが友禅染の一番の特徴で「糸目置」といいます。
この糸目置きをすることで、友禅染が鮮やかな色を何色も使い分けられるのです。色挿しに用いる染料は約20色あり、これらを調合して何十種類もの友禅独特の色を作り出します。
その染料を使って糸目糊で書いた模様の一つ一つに刷毛や筆で色を付けていきます。最初は白、続いて淡い色からだんだんと濃い色へと順番に色を挿していきます。色挿しが完成すると染料を定着させる為に「蒸し」という作業をし、その後水洗いをします。これがかつて「友禅流し」と呼ばれていた作業です。


板染(型)友禅について

次に板染(型)友禅ですが、手描で行う工程を型紙を使って行います。明治時代になって化学染料がヨーロッパから入ってきたのに伴って開発されました。型紙は柿渋を塗った和紙を貼り合わせた物や樹脂製のシルクスクリーンが使われています。板張りといって反物が一枚のせられるような長い板の上に布地を置いて、その上に型紙を寸分のくるいのないように印を丁寧に合わせて置きます。
模様に大きさに合わせて大小様々の刷毛に染料を付けて摺り込んで染めていく「摺り染」と、もち米糊に染料を混ぜた「色糊(写し糊ともいう)」をヘラでしごく「しごき染」とがありますが、共にかなり高度な技術を要します。
一色ずつ摺り込むので色の数だけ型紙の枚数が必要になり、したがって模様が細かくなるほど型紙の枚数が増えるわけです。一つの柄で30枚もの型紙を使う場合もあるそうです。このように一枚の着物にはたくさんの職人さんの力と技が、そして着物に対するやさしい気持ちが盛り込まれています。



 
Copyright 2010 MARUSENKO. All Rights Reserved.